どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

どうしてかに星雲 (Crab Nebula) は爆発を起こしたのだろう?確かなところは誰にも分からないが,過去数年間に渡って観測されたこの奇妙な挙動はどうやら非常にエネルギーの高い光 ― γ線 (gamma rays) でのみ生じているようなのである.つい 1 ヶ月前にも,フェルミγ線宇宙望遠鏡 (Fermi Gamma Ray Space Telescope) がかに星雲を観測したところその輝度が突然増加していることが明らかになった.通常のγ線輝度に対して 5 倍ほど明るくなり,数日間のうちに収束した.さて,変化の速度が早いほどその変化に関わった領域は小さくなるのが通常である.このことから,かに星雲の中心に存在する強力なパルサー (pulsar) が何かしらの関係を持っているのではないかと考えられる.このパルサーとは 1 秒間に 30 回のペースで回転している小さな中性子星 (neutron star) のことを指す.特に,強力なパルサーを包み込んでいるはずの磁場 (magnetic field) に生じた変動について様々な可能性が考えられている.磁場が高速で変化することによって急激に加速された電子 (electron) の波が引き起こされる可能性がある.これによってフレアが発生するのである.もしかしたら私たちの太陽でも同じようなことが起きているかもしれない.上記の画像にはゲミンガパルサー (Geminga pulsar) と比較して通常時のかに星雲γ線でどのように見えるのか,最近の増光時にはどのように見えていたのかを示している.

  • Why does the Crab Nebula flare? No one is sure. The unusual behavior, discovered over the past few years, seems only to occur in very high energy light -- gamma rays. As recently as one month ago, gamma-ray observations of the Crab Nebula by the Fermi Gamma Ray Space Telescope showed an unexpected increase in gamma-ray brightness, becoming about five times the nebula's usual gamma-ray brightness, and fading again in only a few days. Now usually the faster the variability, the smaller the region involved. This might indicate that the powerful pulsar at the center of the Crab, a compact neutron star rotating 30 times a second, is somehow involved. Specifically, speculation is centered on the changing magnetic field that surely surrounds the powerful pulsar. Rapid changes in this field might lead to waves of rapidly accelerated electrons which emit the flares, possibly in ways similar to our Sun. The above image shows how the Crab Nebula normally appears in gamma rays, as compared to the Geminga pulsar, and how it then appeared during the recent brightening.

(画像はリンク先を参照)