どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

とある大会の様子を捉えたこの写真では,赤い暗視ライトと緑色のレーザポインタ,シルエットで見える三脚と望遠鏡が,今年で 10 回目を数えるイラン・メシエマラソンに参加した勇敢な天体観測者たちを取り囲んでいる.マラソンを完了させるには夕暮れから夜明けまで一晩の観測において, 18 世紀フランスの天文学者シャルル・メシエのカタログに収められた 110 個の天体すべてを観測しなければならない.聞けば手強いように思われるが,北半球に済むマラソン参加者煮とては観測に適した,ほぼ月のない春分の日にほど近い週末が度々存在している. 4 月のあくる日に,天の川銀河を背景にしておよそ 150 人の天文マニアたちがイランの東,ガルエ・セの砂漠地帯で 2011 年のマラソンを実施した.カーソルを画像の上に乗せればへんぴで真っ暗な観測地の上に広がる目を見張るような夜空の地図が描かれる.銀河中心近くに存在するメシアカタログの天体(例えば M8 )目指して緑色のレーザポインタを辿ってみよう.天文屋たちと前回のメシエマラソン主催者であるババック・タフレシによって今年の大会の様子をまとめた早回し動画,スカイ・ゲイザーズが作成されている.

  • In this action scene, red night vision lights, green laser pointers, tripods and telescopes in faint silhouette surround intrepid sky gazers embarked on the 10th annual Iran Messier Marathon. Completing the marathon requires viewing all 110 objects in 18th century French astronomer Charles Messier's catalog in one glorious dusk-to-dawn observing run. As daunting as it sounds, there are often favorable weekend dates for northern hemisphere marathoners to complete the task that fall on nearly moonless nights near the spring equinox. With the Milky Way as a backdrop, this group of about 150 astronomy enthusiasts conducted their 2011 marathon on such a night in April from the desert area of Seh Qaleh, in eastern Iran. Placing your cursor over the image will map the stunning night sky above their remote and very dark observing site. Follow the green laser pointer toward the Messier catalog objects (for example, M8) near the galactic center. Astronomer and former Messier Marathon organizer Babak Tafreshi also composed Sky Gazers, a time-lapse movie of this year's event.

(画像はリンク先を参照)