どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

空そのものが街で一番のショーになることだってある. 2007 年の 1 月オーストラリアのパース (Perth) から地元の海岸に集まった人々は近くでも遠くでも空が喜びに満ちて輝いている姿を見ることとなった.より近くではオーストラリアの日を祝う花火 (firework) が上げられており,画像のずっと右側,遠くの方ではhttp://:title=嵐を光らせている.画像の中心付近では,雲の合間を抜けてもっとも珍しいものが姿をみせている.マクノート彗星 (Comet McNaught) である.とても美しい彗星であり,また大変明るいため地球で花火やら雷やらが光っていても確認することができる.現在,マクノート彗星は太陽系の外側 (the outer Solar System) に戻ってしまったため,大きな望遠鏡を使わなければ見ることはできない.この画像は 3 つのパノラマ写真を合成し,花火の光を反射した赤い色を抑えることにって作られている.

  • Sometimes the sky itself is the best show in town. In January 2007, people from Perth, Australia gathered on a local beach to watch a sky light up with delights near and far. Nearby, fireworks exploded as part of Australia Day celebrations. On the far right, lightning from a thunderstorm flashed in the distance. Near the image center, though, seen through clouds, was the most unusual sight of all: Comet McNaught. The photogenic comet was so bright that it even remained visible though the din of Earthly flashes. Comet McNaught has now returned to the outer Solar System and is now only visible with a large telescope. The above image is actually a three photograph panorama digitally processed to reduce red reflections from the exploding firework.

(画像はリンク先を参照)