読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

これは火星探査機スピリット (Spirit) が見た最期の光景である.スピリットはこれまで本来予定された期間を超えて運用されてきたが,とうとう火星のダートから抜け出すことなく火星に存在する特殊な“ホームプレート (Home Plate)”の表層を調べていたところ電力を使い果たしてしまった.このパノラマ写真にはコロンビア・ヒル (Columbia Hill)を取り囲むいくつもの岩や斜面が写しだされている.画像の中央付近に確認できる頂上が明るく色づいたこの奇妙な丘にはフォン・ブラウン (von Braun) というあだ名が付けられている.スピリットはこの丘を目指していたときに身動きが取れなくなってしまった.フォン・ブラウンは火星の火山活動 (volcanism) と関係があったのではないかとする説が有力視されている.先週 NASA度重なる努力の末,スピリットとの通信回復を断念した.火星の反対側ではスピリットの姉妹機であるオポチュニティ (Opportunity) がエンデバー・クレータ (Endeavour Crater) を目指して運行を続けている.オポチュニティが到着すればこのクレータは地球で作られたロボットが到達した最大のクレータとなるだろう.

  • This is the last thing that the Spirit rover on Mars ever saw. Operating years beyond original expectations, Spirit eventually got mired in martian dirt and then ran out of power when investigating the unusual Home Plate surface feature on Mars. Visible in the above panorama are numerous rocks and slopes of the surrounding Columbia Hills of Mars. The strange hill with the light colored top, visible near the top center of the image, has been dubbed von Braun and was a future destination when Spirit got bogged down. A leading hypothesis holds that von Braun is related to martian volcanism. Last week, NASA stopped trying to contact Spirit after numerous attempts. Half a world away, Spirit's sister rover Opportunity continues to roll toward Endeavour Crater, which could become the largest crater yet visited by an earthling-created robot.

(画像はリンク先を参照)