どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

中心にある大質量ブラックホールから放出されたプラズマ流のジェットがケンタウルス座 A (Centaurus A) を捉えた合成写真を明るく照らしている.ケンタウルス座 A から放出されたジェットはおよそ 100 万光年に渡って伸びている.中心のブラックホールが一体どれだけの降着物質を吹き飛ばしたのか,正確なところは依然として分かっていない.だが,銀河を脱出した後,ジェットは巨大なバブル構造を膨らませている.これは数 100 万年にわたって輝き続けているようである.衝撃波面を通過することでエネルギーを励起させているとしたら,このバブルは 10 億年後に再び輝き出す可能性がある.この合成写真上では X 線による輝きは青い色で示されている.マイクロ波による光は擬似的にオレンジ色で表示してある.埋め込まれているのは新しく得られた電波による画像である.画像にはこれまで明らかにされていなかったジェットの中心部分の光年スケールでの詳細な構造が写しだされている.

  • Jets of streaming plasma expelled by the central black hole of a massive spiral galaxy light up this composite image of Centaurus A. The jets emanating from Cen A are over a million light years long. Exactly how the central black hole expels infalling matter is still unknown. After clearing the galaxy, however, the jets inflate large radio bubbles that likely glow for millions of years. If excited by a passing front, radio bubbles can even light up again after a billion years. X-ray light is depicted in the above composite image in blue, while microwave light is false-colored orange. The inset image in radio light shows newly imaged, never seen-before details of the innermost light year of the central jet.

(画像はリンク先を参照)