読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

この動画ではどうして地球のほうが動いているのだろうか?夜空を写した早回し動画の多くは動かない地面の上を星と空が動いている様子を写したものである.だが,ここで紹介する動画では各フレームがデジタル処理によって回転させられており,その結果,動かずとどまり続けている(だいたい)のは星のほうで,星空の下を動いているのが地球ということになっている.動画では地球がまさに回転している姿を劇的に映し出している.これを日周運動 (diurnal motion) という.まるでカメラが空間に浮いているかのように,きれいで惚れ惚れするような回転をしている.動画に登場している望遠鏡はチリ (Chile) にある超大型望遠鏡 VLT (Very Large Telescope; VLT) である.これあ世界中で最も大きな 4 台の望遠鏡群である.この早回し動画を注意深く視聴した人なら,レーザーガイド星 (laser guide star) を使っている様子や,黄道光 (zodiacal light) ,マゼラン (the Large and Small Magellanic Clouds) ,高速で動き陽の光を反射して輝く地球軌道上の人工衛星 (Earth-orbiting satellites) の存在に気づいたかもしれない.上記のシーンはとあるビデオから抜粋したものである.オリジナルのヴァージョンはここで見ることができる.

  • Why is the Earth moving in the above video? Most time lapse videos of the night sky show the stars and sky moving above a steady Earth. Here, however, the frames have been digitally rotated so that it is the stars that stay (approximately) steady, and the Earth that moves beneath them. The video dramatically shows the actual rotation of the Earth, called diurnal motion, in a clear and moving way, as if the camera were floating free in space. The telescopes featured in the video are the Very Large Telescopes (VLT) in Chile, a group of four of the largest optical telescopes deployed anywhere in the world. A discerning observer of the above time lapse movie may also note the use of laser guide stars, zodiacal light, the Large and Small Magellanic Clouds, and fast-moving, sunlight-reflecting, Earth-orbiting satellites. The original video, on which the above sequences are based, can be found here.

(画像はリンク先を参照)