読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

6 月の 1 日の深夜,新月が白夜の太陽 (midnight Sun) の上に投げかけられた.今年 2 回目となる部分日蝕である.北極圏で起こった地球を中心とする天体イベントを捉えたこの写真はフィンランド北部のラップランド (Lapland) にあるカウニスパー・ヒル (Kaunispää Hill) から真夜中近くに撮影されたものである.もちろん,この地方に住むトナカイたちも層雲の上で北の地平線に沿って共に進む月と太陽の姿を見たことだろう.この日蝕はアラスカやカナダの一部でも見ることができた.蝕が始まったのはシベリアや中国の北部で日が出始めた 19:25 UT であり,それから 3.5 時間後,大西洋に浮かぶニューファンドランド島の北部で終了した.大変面白いことに,ちょうど月の相が一周 (lunation) する 7 月の 1 日には新月が部分日蝕として地球に姿を現すことになる.ただし見ることができるのは北極海の比較的小さい領域に限られる. 7 月の蝕の次には今年 4 度目で最後となる部分日食が 11 月の 25 日にやってくる.この日蝕は南半球の白夜が訪れる地域から見ることができる.

  • On June 1, the shadow of the New Moon was cast across a land of the midnight Sun in this year's second partial solar eclipse. This picture of the geocentric celestial event above the Arctic Circle was taken near midnight from northern Finland's Kaunispää Hill in Lapland. Of course the region's reindeer were able to watch as both Moon and Sun hugged the northern horizon just above a cloud bank. Also visible from parts of Alaska and Canada, the eclipse began at sunrise in Siberia and northern China at 19:25 UT, ending about 3.5 hours later north of Newfoundland in the Atlantic Ocean. Remarkably, just one lunation later, on July 1 the New Moon's shadow will again reach out and touch the Earth in a partial solar eclipse, limited in visibility to a relatively small area in the Antarctic Ocean. July's eclipse will be followed by the fourth and final partial solar eclipse of 2011 on November 25. That eclipse will be seen from a southern land of the midnight Sun.

(画像はリンク先を参照)