どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

およそ 1 月ほどののち,肉眼で確認できる 4 つの惑星を夜明け前の空に一望できる素晴らしい機会が終わりを告げる.さらに 5 月の 31 日には天体ショーの最後として東の地平線沿いに集まった惑星たちに細く伸びた月が加わった.アルゼンチン,ブエノス・アイレス (Buenos Aires) にほど近い海岸からは早朝,画像のような光景を見ることができる.秋の南天に現れた天体の配置を捉えた素晴らしい眺めである.この写真は日の出のおよそ 30 分前に撮影された.画像の下から上に向かって,空をさまよう水星 (Mercury) ,金星 (Venus) ,火星 (Mars) ,そして木星 (Jupiter) が黄道面 (ecliptic plane) に沿って展開している.水星のすぐ左側では,日に照らされて光る三日月が色鮮やかなトワイライトの輝きに沈んでいく.夜明けがやってくると,火星と木星は依然として空に昇っているが,金星と水星は昇り来る太陽へ近づくようにして地平線へと沈んでいく.

  • After more than a month, the lovely lineup of four naked-eye planets in dawn skies is coming to a close. Still, on May 31st a slender Moon joined the grouping along the eastern horizon for a final celestial performance, presented in this early morning scene from a beach near Buenos Aires, Argentina. A favorable view of the configuration in the southern hemisphere autumn, the photo was taken about 30 minutes before sunrise. In order from bottom to top, wandering Mercury, Venus, Mars, and Jupiter are stretched along the ecliptic plane. The Moon's sunlit crescent is sinking into the colorful twilight glow just left of Mercury. In dawns to come, Mars and Jupiter will continue to rise while Venus and Mercury sink toward the horizon, drawing closer to the rising Sun.

(画像はリンク先を参照)