どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

近年でも最も明るい超新星 (supernova) が近傍の子持ち銀河 (whirlpool galaxy; M51) でつい先日発見された.驚くべきことに, M51 では一見似たような超新星が 2005 年に,そしてもう 1 つ 1994 年にも記録されている. 1 つの銀河に 17 年間で期待される超新星の数として 3 つという数は大変多い.そのため, M51 でどうしてこんなにも超新星が出現しているのかについて活発な議論がなされている.上には小口径の望遠鏡で撮影された M51 の画像が 2 枚表示してある. 1 枚は 5 月 30 日に撮影されたもので,超新星は出現していない.一方で, 6 月 2 日に撮影された画像にはしっかりと超新星が写されている. 6 月 2 日の画像は超新星の存在が報告されている画像の中でも最速のものである.画像は爆発した星の位置を示すためにブリンクしている.超新星の多くは典型的な輝度のパターンに従って輝くが,この例に限らずどの超新星でも増光・減光の正確なパターンを予め予測することは困難である.一方でそのパターンは天文学者たちにそこで一体何が起こっているのかを教えてくれる. M51 に現れた超新星は SN 2011dh と名付けられた.現在のところ,小口径の望遠鏡でも確認できるほどの明るさを保っている.天文マニアたちはぜひとも子持ち銀河をできるだけたくさん写真に収めて欲しい.世界中の巨大望遠鏡を以てしても観測はどうしても間欠的になってしまう.その穴を埋めるのだ.超新星が刻々と変化していく様子がここにアップロードされている.

  • One of the brightest supernovas in recent years has just been recorded in the nearby Whirlpool galaxy (M51). Surprisingly, a seemingly similar supernova was recorded in M51 during 2005, following yet another one that occurred in 1994. Three supernovas in 17 years is a lot for single galaxy, and reasons for the supernova surge in M51 are being debated. Pictured above are two images of M51 taken with a small telescope: one taken on May 30 that does not show the supernova, and one taken on June 2 which does. The June 2 image is one of the first images reported to contain the supernova. The images are blinked to show the location of the exploded star. Although most supernovas follow classic brightness patterns, the precise brightening and dimming pattern of this or any supernova is hard to predict in advance and can tell astronomers much about what is happening. Currently, the M51 supernova, designated SN 2011dh, is still bright enough to follow with a small telescope. Therefore, sky enthusiasts are encouraged to image the Whirlpool galaxy as often as possible to fill in time gaps left by intermittent observations made by the world's most powerful telescopes. Views of the developing supernova are being uploaded here.

(画像はリンク先を参照)