どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

……あれ,この写真はどうやって撮ったのだろう?宇宙で撮影されたスペースシャトルの写真は宇宙ステーションから撮られたものが普通である.同じように,宇宙ステーションの写真はスペースシャトルから撮ることが普通である.では,宇宙ステーションとスペースシャトルを同時に捉えた写真はどうやったら撮影できるのだろう?宇宙空間から撮影するのだろうか?その答えは次のようなものである. 2 週間前,スペースシャトル・エンデバー号 (Endeavour) が国際宇宙ステーション (International Space Station; ISS) へと向かっている最中に,一台の補給船が宇宙飛行士を載せて宇宙ステーションを飛び立ったのである.そこから大変貴重な写真が何枚も撮影された.補給船はロシアのソユーズ TMA-20 (Soyuz TMA-20) で,後日カザフスタン (Kazakhstan) に着陸した.この大変素晴らしい画像では,宇宙ステーションとドッキングしたスペースシャトルの相対的な大きさが一目でわかるようになっている.遥か下方には青い海の上に雲が浮かんでいる様子を確認できる.次回の,そして最後となる合衆国によるスペースシャトル打ち上げは 7 月の初旬に予定されている.

  • How was this picture taken? Usually, pictures of the shuttle, taken from space, are snapped from the space station. Commonly, pictures of the space station are snapped from the shuttle. How, then, can there be a picture of both the shuttle and the station together, taken from space? The answer is that during the Space Shuttle Endeavour's last trip to the International Space Station two weeks ago, a supply ship departed the station with astronauts that captured a series of rare views. The supply ship was the Russian Soyuz TMA-20 which landed in Kazakhstan later that day. The above spectacular image well captures the relative sizes of the station and docked shuttle. Far below, clouds of Earth are seen above a blue sea. The next and last launch of a US space shuttle is scheduled for early July.

(画像はリンク先を参照)