どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

南天の宝石, NGC 3372 としても知られるカリーナ星雲 (りゅうこつ座巨大星雲, the Great Carina Nebula) は 300 光年を越える領域に広がっており,私たちが住む銀河の中でも特に大きな星形成領域である.より小型で,北方に位置するオリオン大星雲 (Great Orion Nebula) と同様,カリーナ星雲は肉眼でも簡単に発見することができる.だが,カリーナ星雲までの距離はおよそ 7,500 光年で,オリオン大星雲に比べて 5 倍も遠い位置に存在している.望遠鏡によって撮影されたこのきらびやかな写真には,この領域に存在する星間ガスからなるフィラメントの輝きや,減光を引き起こす星間ダスト雲の驚くほど詳細な構造を見ることができる.この視野は見込み角で言えば満月よりも大きく,星雲をまたいでおよそ 100 光年ほどの領域を捉えている.カリーナ星雲は若く,とてつもなく重たい星たちの住処である.その中には太陽の 100 倍を優に超える質量を持ち,摩訶不思議な変更を見せるイータ・カリーナ (Eta Carinae) も含まれている.イータ・カリーナ画像左側の最も明るい星である.近くにはダストを多く含んだ鍵穴星雲 (Keyhole Nebula, NGC 3324) を見ることができる.イータ・カリーナはまもなく超新星爆発を起こすだろうと言われているが, X 線によって撮られた画像によればどうやらカリーナ星雲は次々と超新星を生み出し続けてきたようである.

  • A jewel of the southern sky, the Great Carina Nebula, also known as NGC 3372, spans over 300 light-years, one of our galaxy's largest star forming regions. Like the smaller, more northerly Great Orion Nebula, the Carina Nebula is easily visible to the unaided eye, though at a distance of 7,500 light-years it is some 5 times farther away. This gorgeous telescopic portrait reveals remarkable details of the region's glowing filaments of interstellar gas and obscuring cosmic dust clouds. Wider than the Full Moon in angular size, the field of view stretches nearly 100 light-years across the nebula. The Carina Nebula is home to young, extremely massive stars, including the still enigmatic variable Eta Carinae, a star with well over 100 times the mass of the Sun. Eta Carinae is the brightest star at the left, near the dusty Keyhole Nebula (NGC 3324). While Eta Carinae itself maybe on the verge of a supernova explosion, X-ray images indicate that the Great Carina Nebula has been a veritable supernova factory.

(画像はリンク先を参照)