どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

6 月 7 日のことだった.太陽がほんの中規模の太陽フレアを爆発させ,自転によって太陽の縁付近にある黒点の活動領域へと運ばれていった.だが,そのフレアの直後,驚異的な勢いで帯磁したプラズマが太陽の縁から放出された.上記の画像はその様子をソーラー・ダイナミクス・オブザバトリ (Solar Dynamics Observatory) が極紫外線で捉えたものである.このイベントを撮影した鮮烈な動画には,暗く温度の低いプラズマが 1 時間ほどの時間に渡って,まるで雨が降るかのように,不可視の磁力線に沿って弧を描きながら太陽表面の広い範囲に降り注いでいく様子が映しだされている.このとき付随してコロナ質量放出もおおよそ地球の方向に向かって爆発している.これは高エネルギー粒子による大集団であり,すでに地球磁気圏をかすめることによってオーロラを活性化しているかもしれない.

  • On June 7, the Sun unleashed only a medium sized solar flare as rotation carried active regions of sunpots toward the solar limb. But that flare was followed by an astounding gush of magnetized plasma seen erupting at the Sun's edge in this extreme ultraviolet image from the Solar Dynamics Observatory. Spectacular movies of the event follow the darker, cooler plasma over a period of hours as it rains down across a broad area of the Sun's surface, arcing along otherwise invisible magnetic field lines. An associated coronal mass ejection, a massive cloud of high energy particles, was blasted in the general direction of the Earth and may have already triggered auroral activity after a glancing blow to Earth's magnetosphere.

(画像はリンク先を参照)