どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

超新星 (supernova) は渦巻銀河 (spiral galaxies) のどのあたりに出現するのだろうか.もちろん,大質量星形成領域 (massive star forming regions) の近くなのだが,そのような領域はたいてい弧を描いた青いうずまき腕 (spiral arm) に沿って存在している.大質量星は短命であるため,生まれた場所から遠く離れた場所まで移動することはできない.面白いことに,この 6 年間に現れた 2 つの II 型超新星,すなわち大質量星の破壊的爆発は,近傍の渦巻銀河である M51 で発見されている. 1994 年に発見された 3 つ目の超新星と合わせると, M51 は単体の銀河としては超新星大鉱脈と言えるだろう. 2005 年に見つかった超新星 SN 2005cs と,つい先月初めて発見された特に明るい超新星 SN 20011dh が上記の比較画像に表示されている.画像を見れば分かるとおり,どちらも M51 の主要なうずまき腕に沿って出現している. M51 はおそらく渦巻銀河と名づけられた最初の天体であり,子持ち銀河 (Whirlpool Galaxy) としても知られている.

  • Where do spiral galaxies keep their supernovae? Near their massive star forming regions, of course, and those regions tend to lie along sweeping blue spiral arms. Because massive stars are very short-lived, they don't have a chance to wander far from their birth place. Remarkably, in the last 6 years two Type II supernovae, representing the death explosions of massive stars, have been detected in nearby spiral M51. Along with a third supernova seen in 1994, that amounts to a supernova bonanza for a single galaxy. As demonstrated in these comparison images, SN2005cs, the supernova discovered in 2005, and more recently SN2011dh, the exceptionally bright supernova first recorded just last month, both lie along M51's grand spiral arms. Perhaps the original spiral nebula, M51 is also known as the Whirlpool Galaxy.

(画像はリンク先を参照)