読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

宇宙においてご近所とはどのように見えるのだろうか.この画像には赤外線による 2 ミクロン全天サーベイ (Two Micron All Sky Survey; 2MASS) によって発見された近傍の宇宙に存在するおよそ 50,000 個の銀河が表示されている.これはどのように宇宙が作られ,進化してきたのかを決定するための制約を提供する驚くべき銀河のタペストリである.画像の中心を横切る黒い帯は私たちが住む天の川銀河 (Milky Way Galaxy) の銀河面に存在するダストによって阻まれることで作られている.だが,銀河面から離れたところでは,銀河がそれぞれの点によって表示されているのを確認できる.点の色は銀河の距離を表している.青い色で表示されている点は 2MASS サーベイではより近くに見つかった銀河を表しており,赤い色で示されている点はレッドシフト (redshift) が 0.1 近くのより遠くに見つかった銀河を表している.構造に名前が付いている場合は縁の部分にタグがつけられている.銀河の多くは重力によって互いに束縛されており銀河団 (cluster) を形成している.そしてその銀河団自体も重力的にゆるく束縛されており,超銀河団 (supercluster) をなしている.そしてその超銀河団もより大きな構造に沿っているように見えなくもない.

  • What does the universe nearby look like? This plot shows nearly 50,000 galaxies in the nearby universe detected by the Two Micron All Sky Survey (2MASS) in infrared light. The resulting image is an incredible tapestry of galaxies that provides limits on how the universe formed and evolved. The dark band across the image center is blocked by dust in the plane of our own Milky Way Galaxy. Away from the Galactic plane, however, each dot represents a galaxy, color coded to indicate distance. Bluer dots represent the nearer galaxies in the 2MASS survey, while redder dots indicating the more distant survey galaxies that lie at a redshift near 0.1. Named structures are annotated around the edges. Many galaxies are gravitationally bound together to form clusters, which themselves are loosely bound into superclusters, which in turn are sometimes seen to align over even larger scale structures.

(画像はリンク先を参照)