読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

望遠鏡によって撮られたこの鮮明な画像には球状星団 (globular star cluster) オメガ・ケンタウリ (Omega Centauri; NGC 5139) が表示されている.オメガ・ケンタウリはおよそ 15,000 光年の距離に存在している.約 150 光年の直径を持つこの星団には太陽よりもはるかに年齢を重ねた星たちがおよそ 1,000 万個も詰め込まれているオメガ・ケンタウリは天の川銀河 (Milky Way galaxy) のハローをさまよう 200 個ほどの既知の球状星団の中でも最も大きなものである.星団のほとんどは同じ年齢,同じ化学組成の星たちによって構成されている.だが,摩訶不思議なオメガ・ケンタウリは年齢や化学組成に幅のある異なった星たちによって構成されている.実のところ,オメガ・ケンタウリは小さな銀河が天の川銀河に取り込まれたあとに残された銀河の核だという可能性がある.

  • Featured in this sharp telescopic image, globular star cluster Omega Centauri (NGC 5139) is some 15,000 light-years away. Some 150 light-years in diameter, the cluster is packed with about 10 million stars much older than the Sun. Omega Cen is the largest of 200 or so known globular clusters that roam the halo of our Milky Way galaxy. Though most star clusters consist of stars with the same age and composition, the enigmatic Omega Cen exhibits the presence of different stellar populations with a spread of ages and chemical abundances. In fact, Omega Cen may be the remnant core of a small galaxy merging with the Milky Way.

(画像はリンク先を参照)