どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

宇宙探査機メッセンジャー (MESSENGER) が水星 (Mercury) の周囲を 100 回以上周回することに成功した.メッセンジャーに搭載されたカメラは可視光線 (visible) から近赤外線 (infrared) に渡る 8 つの異なる色で詳細な画像を記録してきた.この画像によって表面の化学組成を調べることができる他,太陽系で最も内側に位置する惑星がどのような歴史を経て進化してきたのかを解き明かす手がかりを探すことにも役だっている.この鮮明な画像は,メッセンジャーが持つ広域カメラが撮影できる色のうち 3 色を合成することによって作られたものである.ただし,画像の合成は色を誇張するような方法で行われている.そのような手法を使わず肉眼で見た場合,水星表面の色はほとんど失われてしまうことになる.この画像はおよそ 1,000 キロメートルの領域を表示しており,もともとの解像度では 1 キロメートル程度の小さな構造まで確認することができる.本日,メッセンジャー計画から水星を周回する史上初の宇宙探査機によって得られた新たな画像と研究成果が発表される.

  • The robotic MESSENGER spacecraft recently completed over 100 orbits of Mercury. MESSENGER's cameras have recorded detailed pictures utilizing eight different colors across visible and near infrared light, exploring the surface composition and looking for clues to the history and evolution of the solar system's innermost planet. This sharp image combines three of the MESSENGER wide angle camera's colors, but in exaggerated fashion. Otherwise, to the unaided human eye, Mercury's surface colors would appear comparatively muted. The image is about 1,000 kilometers across and features as small as a single kilometer are discernible at the original resolution. Today, the MESSENGER project will release new images and science findings from the first spacecraft to orbit Mercury.

(画像はリンク先を参照)