どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

6 月の 15 日,皆既月食を起こした月天の川銀河 (Milky Way Galaxy) 中央近くの空に暗く佇んでいた.このシンプルなパノラマ写真は,それぞれ 40 秒間の露出を 8 回繰り返して撮影されたもので,イラン北部から見た皆既月食を捉えている.食を起こした暗い月は天の川銀河のぼんやりとした輝きと同じ程度の明るさであり大変興味深い光景である.月はじれったくなるような赤い色をしており,パイプ星雲 (Pipe Nebula) の皿の真上,あるいは干潟星雲や三裂星雲 (Lagoon and Trifid) ,天の川銀河中央のダスト雲の右側に位置している.パノラマ領域は画像のずっと右側で黄色い色をしたアンタレス (Antares) や色鮮やかな星雲であるへびつかい座ρ星雲 (Rho Ophiuchi) によって固定されている.天の川銀河中心部に属する他の天体を知りたければカーソルを画像の上に乗せればよい. 2011 年に訪れた最初の皆既月食は 100 分間の感動的な時間を提供してくれた.部分的な月食は地球上のほとんどの地域から見ることができた.ただし,重要なことに北・中央アメリカはその地域には含まれていない.

  • On June 15, the totally eclipsed Moon was very dark, with the Moon itself positioned on the sky toward the center of our Milky Way Galaxy. This simple panorama captures totality from northern Iran in 8 consecutive exposures each 40 seconds long. In the evocative scene, the dark of the eclipsed Moon competes with the Milky Way's faint glow. The tantalizing red lunar disk lies just above the bowl of the dark Pipe Nebula, to the right of the glowing Lagoon and Trifid nebulae and the central Milky Way dust clouds. At the far right, the wide field is anchored by yellow Antares and the colorful clouds of Rho Ophiuchi. To identify other sights of the central Milky Way just slide your cursor over the image. The total phase of this first lunar eclipse of 2011 lasted an impressive 100 minutes. Parts of the eclipse were visible from most of planet Earth, with notable exceptions of North and Central America.

(画像はリンク先を参照)