どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

6 月 15 日に訪れた素晴らしい皆既月食の姿をあやうく雷雲が台無しにするところだった.結果として,皆既月食が起こっていたとき 10 分の間だけ雷雲が割れ,稲妻が幻想的な空を演出することとなった.この光景は 30 秒間の露出によって撮影されたものであり, Astronomy Picuture fo the Day の 16 年間の歴史の中で最高のタイトルであると考えている(タイトルは Chris K. によるもの).もちろん,稲妻について言及していることは明らかである.月食による影絵はヨーロッパ,アフリカ,アジア,オーストラリアといった地球上の幅広い地域で見ることができた.この画像はギリシャの ペジ (Pezi) に存在するイカリア島 (Ikaria) で撮影されたものである.この地域は起伏が激しく奇妙な形をした岩が多く見られることから『山羊の惑星 (the planet of the goats) 』として知られている.

  • Thunderstorms almost spoiled this view of the spectacular June 15 total lunar eclipse. Instead, storm clouds parted for 10 minutes during the total eclipse phase and lightning bolts contributed to the dramatic sky. Captured with a 30 second exposure the scene also inspired what, in the 16 year history of Astronomy Picture of the Day, the editor considers may be the best title yet for a picture (title credit to Chris K.). Of course, the lightning reference clearly makes sense, and the shadow play of the dark lunar eclipse was widely viewed across planet Earth in Europe, Africa, Asia, and Australia. The picture itself, however, was shot from the Greek island of Ikaria at Pezi. That area is known as "the planet of the goats" because of the rough terrain and strange looking rocks.

(画像はリンク先を参照)