どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

小惑星エロス (Eros) の上空 50 キロメートルから見ると,エロス最大のクレータ内部の表面が特殊な物質で覆われていることに気がつく.これはレゴリス (regolith) である.レゴリスとなった表面のダスト層がどれだけ厚く,またどのような化学組成をしているのかは依然として研究課題のままである. 433 エロスに存在するレゴリスの多くは,小隕石が長い歴史の中で数えきれないほど衝突したことによって作られたと考えられている.この擬似カラー画像は 2000 年から 2001 年にかけてエロスを周回した宇宙探査機ニア・シューメイカー (NEAR-SHOEMAKER) によって撮影されたもので,茶色で示された領域は小隕石衝突の最中に太陽風に曝されたために化学組成が変化したレゴリスを表している.クレータ内部に存在する巨岩が茶色に見えているのは,太陽風によって表面が色づくほど古い存在であるか,あるいは黒いダストによって表面を覆われているかのどちらかを意味している.今年の 7 月には NASA の宇宙探査機ドーン (Dawn) が小惑星帯に存在する巨大小惑星ヴェスタ (Vesta) の軌道へ投入される予定である.

  • From fifty kilometers above asteroid Eros, the surface inside one of its largest craters appears covered with an unusual substance: regolith. The thickness and composition of the surface dust that is regolith remains a topic of much research. Much of the regolith on 433 Eros was probably created by numerous small impacts during its long history. In this representative-color view taken by the robot spacecraft NEAR-SHOEMAKER that orbited Eros in 2000 and 2001, brown areas indicate regolith that has been chemically altered by exposure to the solar wind during micrometeorite impacts. White areas are thought to have undergone relatively less exposure. The boulders visible inside the crater appear brown, indicating either that they are old enough to have a surface itself tanned by the solar wind, or that they have somehow become covered with some dark surface dust. This July, NASA's Dawn spacecraft will orbit giant main belt asteroid Vesta.

(画像はリンク先を参照)