どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

これは最後の移動のようなもので,今月の初めに NASA のスペースシャトル・アトランティス号 (Atlantis) がゆっくりと発射台 39A に向かっていく様子を撮影したものである.目的地となる発射台では国際宇宙ステーション (International Space Station) へ向けた打ち上げが 7 月に予定されている.このミッションは STS-135 と名付けられている.これは第 135 回目のミッションであり, NASA のスペースシャトル計画最後のミッションでもある.アトランティス号と 4 人の乗組員たちは,ミッションの主たる内容として,宇宙ステーションに重要な装備や補給物資を届けるために多目的補給モジュール・ラファエロ (Multi-Purpose Logistics Module Raffaello) を運搬する.上記の写真には巨大なシャトル・クローラー・トランスポータ (Shuttle Crawler Transporter) がおよそ 5 キロメートルほどの道のりを時速 2 キロメートル以下で力強く進んでいく様子が映し出されている.画像の右側には歴史的な発表会に出席した人々の一部を見ることができる.この日集まった観客は 15,000 人を超えた.

  • In the final move of its kind, NASA's space shuttle Atlantis was photographed earlier this month slowly advancing toward Launch Pad 39A, where it is currently scheduled for a July launch to the International Space Station. The mission, designated STS-135, is the 135th and last mission for a NASA space shuttle. Atlantis and its four-person crew will be carrying, among other things, the Multi-Purpose Logistics Module Raffaello to bring key components and supplies to the ISS. Pictured above, the large Shuttle Crawler Transporter rolls the powerful orbiter along the five-kilometer long road at less than two kilometers per hour. Over 15,000 spectators, some visible on the right, were on hand for the historic roll out.

(画像はリンク先を参照)