どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

本日の夏至 (solstice) の前触れとして訪れた 6 月 15 日の皆既月食 (total lunar eclipse) は近年のなかでも極めて長く続いたものであった.もちろん極めて暗いものであったが,完全に真っ暗になったわけではない.蝕が完全になった時であっても星空の中にほの暗く赤い月の円盤を見ることができた.これは月の表面に降り注いだ赤みを帯びた光を反射しているためである.月の側から見ると,影となった地球の縁に沈もうとしている,あるいは縁から出ようとしている太陽の赤い光を確認できる.スペインのグラナダ (Granada) で撮影された鮮明な月食写真には,月の縁の部分が地球の本影 (umbral shadow) から現れるや否や青みを帯びた光を反射している様子が見てとれる.青っぽい光はやはり地球大気の散乱を受けたものであるが,この光は成層圏上部 (upper stratosphere) に存在する大気層を通過してきた光線に由来するものである.オゾン (ozone) は赤い光を吸収して青い光を透過するため,この光は青みを帯びるのである.

  • A celestial prelude to today's solstice, the June 15 total lunar eclipse was one of the longest in recent years. It was also one of the darkest, but not completely dark. Even during totality, a somber, red lunar disk could be seen in the starry night sky, reflecting reddened light falling on to its surface. Seen from a lunar perspective, the ruddy illumination is from all the sunsets and sunrises around the edges of a silhouetted Earth. In this sharp portrait of the eclipsed Moon from Granada, Spain, the Moon's edge reflects a bluish tinge as well as it emerges from Earth's umbral shadow. The bluer light is still filtered through Earth's atmosphere, but originates in rays of sunlight passing through layers high in the upper stratosphere. That light is colored by ozone that absorbs red light and transmits bluer hues.

(画像はリンク先を参照)