どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

メッセンジャー号 (MESSENGER) に搭載された広域カメラ (side angle camera) は軌道上から内惑星である水星 (Mercury) をまさに撮影中である.その広域カメラからドガ・クレータ (Degas Crater) の素晴らしきカラー画像が送信されてきた.解像度が最大のヴァージョンでは 1 ピクセルが 90 メートルに相当する.とある印象派画家にちなんで名づけられたこのクレータは, 52 キロメートルの直径を持っている.はめ込みまれた画像はマリナー 10 (Mariner 10) が 1970 年代中盤にフライバイ (flyby) した際に取得された画像である.ここにもドガ・クレータを見ることができる.メッセンジャーの画像を見るとクレータの床面にはひび割れが複雑に張り巡らされていると分かる.これは隕石衝突によって融解した表面層が冷えて収縮した際に形成されたものである.飛び抜けて明るい部分は化学組成が異なっており,最近露出した物質であることを示している.この鉱脈 (deposits) はまばらに存在しており,クレータの中心部分と壁面で傑出している.メッセンジャーよってもたらされたより高解像度の画像ではこのような明るい鉱脈の詳細な構造を見ることができる.

  • Now imaging inner planet Mercury from orbit, the MESSENGER spacecraft wide angle camera has returned this impressive color view of Degas Crater, with a full resolution of 90 meters per pixel. Named for the impressionist painter, the 52 kilometer diameter crater is also shown in an inset context image from the Mariner 10 flyby mission in the mid 1970s. In MESSENGER's view, the crater floor is seen to be filled with an intricate series of cracks, formed as the molten surface resulting from the impact cooled and contracted. Starkly bright, patchy deposits, suggesting compositional differences and freshly exposed material, standout around the crater's central peaks and walls. Details of similar bright deposits are seen in even higher resolution images from MESSENGER.

(画像はリンク先を参照)