読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

さあ,赤青メガネを持ち出して,小さく氷に覆われた土星 (Saturn) の衛星,ヘレネ (Helene) の前にかざしてみよう.ヘレネは名前のとおり 4 つあるトロヤ衛星 (trojan moons) のうちの 1 つである.トロヤ衛星とはラグランジュ点 (Lagrange point) の周りを周回している衛星のことを指す.ラグランジュ点とは 2 つの巨大な質点の周囲に現れる重力的に安定した地点のことである.この場合では 2 質点とは土星とより大きな衛星ディオネ (Dione) のことを指す.奇妙な形 (36x32x30 キロメートル) をもつヘレネはディオネを先行する位置にあるラグランジュ点の周りを周回している.一方で兄弟となる氷衛星ポリデウセス (Polydeuces) はディオナの後ろにあるラグランジュ点にて後を追いかけている.この鮮明な立体写真カッシーニが最近のフライバイ (flyby) の最中に撮影した 2 枚の画像 (N00172886, N00172892) から作られている.この写真にはクレータや侵食地形が点在するヘレネのうち土星に面した側が映しだされている.

  • Get out your red/blue glasses and float next to Helene, small, icy moon of Saturn. Appropriately named, Helene is one of four known Trojan moons, so called because it orbits at a Lagrange point. A Lagrange point is a gravitationally stable position near two massive bodies, in this case Saturn and larger moon Dione. In fact, irregularly shaped ( about 36 by 32 by 30 kilometers) Helene orbits at Dione's leading Lagrange point while brotherly ice moon Polydeuces follows at Dione's trailing Lagrange point. The sharp stereo anaglyph was constructed from two Cassini images (N00172886, N00172892) captured during the recent close flyby. It shows part of the Saturn-facing hemisphere of Helene mottled with craters and gully-like features.

(画像はリンク先を参照)