読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

北斗七星 (The Big Dipper) は北天で最もよく知られる星座であり簡単に見つけることができる.人によってはひしゃく星 (The Plough) と言うかもしれない.まあそれはどちらでもよい. 24 枚の写真を大変うまく組み合わせてつくられたこのモザイク写真の上にマウスカーソルを乗せることで,画像に星たちの名前と見慣れた星座の概形を表示させることができる.ズーベ (Dubhe) は北斗七星の親となる星座であるおおぐま座 (Ursa Major) のアルファ星で画像上では右上に位置している.ベータ星のメラク (Merak) はその下に位置しており, 2 つの星を通る直線は,この画像の上端を超えて外側に存在する北極星 (Polaris) と天の北極 (North Celestial Pole) を指している.天体観測において同じく興味深いのはミザール (Mizar) である.これはひしゃくの取っ手の左側から 2 番目の星で,すぐそばに存在するアルコル (Alcor) と連星をなしており,視力検査として用いられてきた.この見慣れた領域にはメシエ天体 (Messier catalog objects) も見つけることができる.より解像度の高い画像をダウンロードすれば,メシエカタログに含まれる渦巻銀河やふくろう星雲の美しい姿を探すことができる.

  • The best known asterism in northern skies, The Big Dipper is easy to recognize, though some might see The Plough. Either way, the star names and the familiar outlines will appear in this thoughtfully composed 24 frame mosaic when you slide your cursor over the image. Dubhe, alpha star of the dipper's parent constellation Ursa Major is at the upper right. Together with beta star Merak below, the two form a line pointing the way to Polaris and the North Celestial Pole off the top edge of the field. Notable too in skygazing lore Mizar, second star from the left in the dipper's handle, forms a vision-testing visual double star with apparently close Alcor. Also identified in the famous star field are Messier catalog objects. Download the higher resolution image to hunt for exquisite views of some of Messier's distant spiral galaxies and a more local owl.

(画像はリンク先を参照)