どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

奇妙で美しい惑星状星雲 (planetary nebula) を形成したのは NGC 3132 の中心付近にある暗い方の星である.明るい方の星ではない.8の字爆発星雲 (Eight-Burst Nebula) や南リング星雲 (Southern Ring Nebula) としても知られるこの天体の光を放つガスは,もともと太陽のような星の外層に存在していたものである.たいへん色鮮やかなこの画像では高温の青い輝きが中心の連星系を取り囲むようにして満たされている.暗い方の星表面は大変高温であり,この輝きはそこからエネルギーを得ている.この写真はある特殊な対称性を調査するために撮影されたものであるが,この惑星状星雲を実におもしろものにしているのはむしろ非対称性である.周囲を取り囲む低音のシェル構造が奇妙な形をしていることや, NGC3132 を横切って走る冷たいダストによるフィラメントがどういう構造をしておりなぜここにあるのかといったことは未だ解明されていない.

  • It's the dim star, not the bright one, near the center of NGC 3132 that created this odd but beautiful planetary nebula. Nicknamed the Eight-Burst Nebula and the Southern Ring Nebula, the glowing gas originated in the outer layers of a star like our Sun. In this representative color picture, the hot blue pool of light seen surrounding this binary system is energized by the hot surface of the faint star. Although photographed to explore unusual symmetries, it's the asymmetries that help make this planetary nebula so intriguing. Neither the unusual shape of the surrounding cooler shell nor the structure and placements of the cool filamentary dust lanes running across NGC 3132 are well understood.

(画像はリンク先を参照)