どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

南天の王冠,みなみかんむり座 (Corona Australis) の北側の境界付近を掃いたこの天体写真には,たくさんの星々を横切るようにして星間ダスト雲 (cosmic dust clouds) が広がっている. 500 光年以内の距離に存在すると考えられており,背景となる銀河系内 (the Milky Way) のより遠くからやってくる星の光を遮っている.ダスト雲の最も濃い領域はおよそ 8 光年の領域に広がっている.その先端(右上)には NGC 6726, 6727, 6729, そして IC 4812 と名付けられた愛くるしい散光星雲 (reflection nebulae) たちが寄り集まっている.特徴的な青い光は,高温の星から発せられる光が星間ダストによって反射されることによって生み出されている.すこし小さめの黄色がかった星雲が,若い変光星みなみかんむり座 R 星の周りを囲むように存在している.巨大な球状星団 (globular star cluster) NGC 6723 は視野の右上の方に確認することができる. NGC 6723 はこの天体たちと同じグループに属しているように見えるが,実際のところは 30,000 光年近くも離れており,みなみかんむり座のダスト雲よりも遥か彼方に存在している.

  • Cosmic dust clouds sprawl across a rich field of stars in this sweeping telescopic vista near the northern boundary of Corona Australis, the Southern Crown. Probably less than 500 light-years away and effectively blocking light from more distant, background stars in the Milky Way, the densest part of the dust cloud is about 8 light-years long. At its tip (upper right) is a group of lovely reflection nebulae cataloged as NGC 6726, 6727, 6729, and IC 4812. A characteristic blue color is produced as light from hot stars is reflected by the cosmic dust. The smaller yellowish nebula (NGC 6729) surrounds young variable star R Coronae Australis. Magnificent globular star cluster NGC 6723 is toward the upper right corner of the view. While NGC 6723 appears to be part of the group, it actually lies nearly 30,000 light-years away, far beyond the Corona Australis dust clouds.

(画像はリンク先を参照)