読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

驚くほど高い解像度を実現したこの合成写真では,赤色超巨星ベテルギウス (Betelgeuse) の周囲にダストからなる星雲 (nebula) が広がっている様子を確認できる.この画像はヨーロッパ南天天文台 (European Southern Observatory) の VLT によって赤外線で撮影されたものである.ベテルギウスそのものは画像中心にある赤い小円で縁どられている.もし,私たちの太陽系 (solar system) にベテルギウスが存在していたとすれば,その直径木星 (Jupiter) の軌道を超えるほどである.だが,星周ダストによる外層はさらに大きく 600 億キロメートルに渡って広がっている.これは地球から太陽までの距離のおよそ 400 倍に相当する.このダストは超巨星の大気が膨張し周囲に物質を噴出する際に形成されると考えられている.大質量星の進化における最終段階である.ダストは星間物質 (interstellar medium) と混ざり合い最終的には岩石質の地球型惑星を形成するかもしれない.外側の画像では中心の輝度の高い部分がマスクされてている.これはかすかな広がった構造を分かりやすくするためである.画像の大きさは差し渡し 5.63 秒角である.

  • An expansive nebula of dust is seen to surround red supergiant star Betelgeuse in this remarkable high resolution composite, an infrared VLT image from the European Southern Observatory. Betelgeuse itself is outlined by the small, central red circle. If found in our own solar system its diameter would almost encompass the orbit of Jupiter. But the larger envelope of circumstellar dust extends some 60 billion kilometers into space, equivalent to about 400 times the Earth-Sun distance. The dust is likely formed as the swollen atmosphere of the supergiant sheds material into space, a final phase in the evolution of a massive star. Mixing with the interstellar medium, the dust could ultimately form rocky terrestrial planets like Earth. The central bright portion of the outer image has been masked to reveal fainter extended structures. The field of view is 5.63 arcseconds across.

(画像はリンク先を参照)