どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

どうしてこの銀河団 (cluster of galaxies) はごちゃごちゃしているのか?なめらかな分布からはかけ離れた Abell 2744 には単に銀河が密集したポイントがあるというだけではない.どうやら銀河団の中で X 線 (X-ray) を発している高温のガス(赤色)とダークマター (dark matter) の分布が異なっているようなのだ.ダークマターは銀河団の質量のうち 75 パーセントを占めており画像上では青色に着色されている.ダークマターの存在は重力レンズ効果 (gravitational lensing) によって背景の銀河を歪ませるために必要な質量から推定されている.どうやらこの銀河の密集状態は,ここ数十億年の間に少なくとも 4 つの小さな銀河団がゆっくりと衝突したことにより生じたものであるようだ.この画像ハッブル宇宙望遠鏡 (Hubble Space Telescope) と超大型望遠鏡 VLT (Very Large Telescope) による可視光の画像にチャンドラ X 線天文台 (Chandra X-Ray Observatory) による X 線画像を重ねあわせたものである.別名パンドラの銀河団 (Pandora's cluster) とも呼ばれる Abell 2744 は 200 光年の空間に広がっており,大型望遠鏡を使えばちょうこくしつ座 (Sculptor) の方角に見ることができる.

  • Why is this cluster of galaxies so jumbled? Far from a smooth distribution, Abell 2744 not only has knots of galaxies, but the X-ray emitting hot gas (colored red) in the cluster appears distributed differently than the dark matter. The dark matter, taking up over 75 percent of the cluster mass and colored blue in the above image, was inferred by that needed to create the distortion of background galaxies by gravitational lensing. The jumble appears to result from the slow motion collision of at least four smaller galaxy clusters over the past few billion years. The above picture combines optical images from the Hubble Space Telescope and the Very Large Telescope with X-ray images from the Chandra X-Ray Observatory. Abell 2744, dubbed Pandora's cluster, spans over two million light years and can best be seen with a really large telescope toward the constellation of the Sculptor.

(画像はリンク先を参照)