読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

メシエ 17 (Messier 17) として知られるこの星生成工場は星風 (stellar wind) と輻射によって削られることで形成されており,星雲豊かないて座の方角に 5,500 光年ほど離れた位置に存在している.この距離では,この広角画像の領域はおよそ 100 光年に相当する.画像はヨーロッパ南天天文台の超巨大望遠鏡システム VLT の新しいサーベイ望遠鏡と OmegaCAM の提供によるものだ.極めて鮮明なこの擬似カラー画像は可視光線 (optical) と赤外線 (infrared) のデータから作られている.ここには天の川銀河 (Milky Way) 中心の星たちを背景にしてガスやダストの希薄で詳細な構造が映しだされている. M 17 の星間ガス・ダストからは高温で質量の大きな星が形成されている.そのような星たちから発せられる星風と強力な光によって残された星間物質が削り飛ばされている.その結果,空洞が多くうねった構造が形成されている. M 17 はオメガ星雲 (Omega Nebula) あるいははくちょう星雲 (Swan Nebula) としても知られている.

  • Sculpted by stellar winds and radiation, the star factory known as Messier 17 lies some 5,500 light-years away in the nebula-rich constellation Sagittarius. At that distance, this degree wide field of view spans almost 100 light-years, courtesy of the European Southern Observatory's new VLT Survey Telescope and OmegaCAM. The sharp, false color image includes both optical and infrared data, following faint details of the region's gas and dust clouds against a backdrop of central Milky Way stars. Stellar winds and energetic light from hot, massive stars formed from M17's stock of cosmic gas and dust have slowly carved away at the remaining interstellar material producing the cavernous appearance and undulating shapes. M17 is also known as the Omega Nebula or the Swan Nebula.

(画像はリンク先を参照)