どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

アルファ・ケンタウリ (Alpha Centauri) は太陽に最も近い連星系である.この連星システムには 3 つの星が存在しており,その中で最も暗いプロキシマ・ケンタウリ (Proxima Centauri) は実際に太陽から最も近くに存在する恒星である.アルファ・ケンタウリ A, B は明るい星であり近接した 2 連星系を形成している.距離は地球から太陽までの距離のおよそ 23 倍ほどであり,太陽から天王星 (Uranus) までの距離よりも少し大きい程度である.上記の画像ではケンタウリ A, B からの光が写真上で圧倒的なため,あたかも星が巨大であるかのように見えている.しかし,実際の星は実に小さな輝点に過ぎない.アルファ・ケンタウリの連星系を システムは北半球のほとんどで見ることができない.アルファ・ケンタウリ A 星はリギル・ケンタウルス (Rigil Kentaurus) としても知られており,ケンタウルス座を構成する星の中でも最も明るく,夜空の中でも 4 番目に明るい星である.シリウス (Sirius) はそれよりも 2 倍遠くに存在しているにもかかわらず,全天で最も明るい星である.面白いことに,アルファ・ケンタウリ A 星は偶然にも私たちの太陽と同じ性質を持つ恒星である.もしかしたら生命が存在する惑星を持っているかもしれないという推測が数多くなされている.

  • The closest star system to the Sun is the Alpha Centauri system. Of the three stars in the system, the dimmest -- called Proxima Centauri -- is actually the nearest star. The bright stars Alpha Centauri A and B form a close binary as they are separated by only 23 times the Earth- Sun distance - slightly greater than the distance between Uranus and the Sun. In the above picture, the brightness of the stars overwhelm the photograph causing an illusion of great size, even though the stars are really just small points of light. The Alpha Centauri system is not visible in much of the northern hemisphere. Alpha Centauri A, also known as Rigil Kentaurus, is the brightest star in the constellation of Centaurus and is the fourth brightest star in the night sky. Sirius is the brightest even thought it is more than twice as far away. By an exciting coincidence, Alpha Centauri A is the same type of star as our Sun, causing many to speculate that it might contain planets that harbor life.

(画像はリンク先を参照)