読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

オーストラリア南で撮影されたこのインターバル撮影映像 (time lapse vidwo) では,雲と空の輝きが変化していく様子が描かれている.前景に見えるのは南の海に面した岩の多い海岸線を望む風景である.暗い雲が空を流れている.時折違う方向に流れながら,時折背景の星の光を遮りながら,しかしまたあるときには前を通り過ぎるときに星の光を増光させながら流れていく.最初のシーンは南西方向を見やり,日没に際して天の川銀河 (Milky Way Galaxy) のが海の中へとまさに沈んでいこうとする場面であるが,黄道光 (zodiacal light) の作るほぼ垂直な光の帯を見ることができる.次のシーンでは有名な南十字星 (Southern Cross) のすぐそばに,天の川銀河の帯の上にコールサック (Coal Sack Nebula) がつくる不思議な黒い模様を見ることができる.その後,動画の 2:10 あたりでは南東の方角を撮影しており,オリオン座 (Orion) が北天での昇り方とはほぼ直角をなすようにして昇ってくる姿が見られる.この映像 STARMUS 天体写真コンテストの優勝作品であり, 2009 年から 2010 年にかけて 30 時間にも及ぶ露出をまる 1 年かけて編集したものである.さて,ここで小さな疑問が.水平線近くを走っている光は一体何だろうか?

  • Clouds and sky both show illuminating changes during this time lapse video from the south of Australia. In the foreground are scenes visible over a rocky coastline toward the Southern Ocean. Dark clouds flow across the sky, sometimes from different directions, sometimes blocking background starlight, but other times causing stars to appear to flare as they move in front. In the first sequence, looking toward the southwest, a nearly vertical band of zodiacal light is seen at sunset just before the band of the Milky Way Galaxy appears to settle into the sea. Soon the unusual dark patch of the Coal Sack Nebula can be seen on the Milky Way band, near the famous Southern Cross. Later, looking toward the southeast at about 2:10 in the video, Orion can be seen rising appearing nearly perpendicular to how it rises in northern skies. The composite video, winner of an award STARMUS astrophotography competition, took over a year to compile in 2009 and 2010 from over 30 hours of exposure. Mini-mystery: what are those lights moving along the horizon?

(画像はリンク先を参照)