読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

屈強なおひつじ座 (Aries) 頭部の境界付近に奇妙な渦巻銀河 Arp 78 を見つけることができる.この銀河は天の川銀河 (Mikly Way galaxy) に存在する星や星雲の遥か向こう側, 1 億光年の彼方に存在している. NGC 772 としても知られているこの銀河 (island universe) は,差し渡し 10 万光年の大きさを持っており,この鮮明な天体画像では一本の発達した外側の渦巻き腕を見せびらかしている.この大きな渦巻銀河の右上の方向には伴銀河 (companion galaxy) の中でも最も明るい小型の銀河 NGC 770 が存在している. NGC 770 のぼんやりとした楕円形の容貌は前景に存在する天の川銀河の星たちとは対照的である.かれらは揃って黄色がかった色をしておりスパイダーを携えている. Apr 78 の大きな渦巻き腕はダストレーン (dust lane) にそって伸び,若くて青い星団に彩られている.これは重力による潮汐相互作用を受けているためであると考えられる. Arp 78 と近隣に存在する伴銀河はかすかに見える物質の流れによってつながっているように見える.

  • Peculiar spiral galaxy Arp 78 is found within the boundaries of the head strong constellation Aries, some 100 million light-years beyond the stars and nebulae of our Milky Way galaxy. Also known as NGC 772, the island universe is over 100 thousand light-years across and sports a single prominent outer spiral arm in this detailed cosmic portrait. Its brightest companion galaxy, compact NGC 770, is toward the upper right of the larger spiral. NGC 770's fuzzy, elliptical appearance contrasts nicely with a spiky foreground Milky Way star in matching yellowish hues. Tracking along sweeping dust lanes and lined with young blue star clusters, Arp 78's large spiral arm is likely due to gravitational tidal interactions. Faint streams of material seem to connect Arp 78 with its nearby companion galaxies.

(画像はリンク先を参照)