読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

この興味深いパノラマ写真は環を持つ惑星,土星 (Saturn) の北半球を取り囲んだ巨大で強力な嵐を捉えたものである.依然として活動を続け攪拌されたこの嵐雲は 2 月 26 日にカッシーニ宇宙探査機 (Cassini spacecraft) によって近赤外線画像 (near-infrared images) として撮影されたものである.擬似カラーのモザイク画像として高解像度になるように合成されている.この強力な嵐は,昨年の暮,土星が夜明け前の空に登ったときにアマチュア天文学者によって顕著な輝点として発見されたものであり,現在ではとんでもない大きさにまで成長している.南北の広がりはおよそ 15,000 キロメートルであり,現在では巨大なガス惑星 (gas giant) の北半球をぐるりと回って 300,000 キロメートルの範囲に広がっている.土星の 1 日 (11 時間) の間隔を置いて撮影された 2 枚のパノラマ画像には画像左側に嵐の先端が映しだされている.この画像は経度にして 150 どの領域を捉えたものである.この強烈な嵐は稲妻による電波ノイズの発信源でもあり,土星の北半球が春を迎えたことによる季節変化と関係が深いと考えられている.

  • These tantalizing panoramas follow a remarkable giant storm encircling the northern hemisphere of ringed planet Saturn. Still active, the roiling storm clouds were captured in near-infrared images recorded by the Cassini spacecraft on February 26 and stitched into the high resolution, false-color mosaics. Seen late last year as a prominent bright spot by amateur astronomers when Saturn rose in predawn skies, the powerful storm has grown to enormous proportions. Its north-south extent is nearly 15,000 kilometers and it now stretches completely around the gas giant's northern hemisphere some 300,000 kilometers. Taken about one Saturn day (11 hours) apart, the panoramas show the head of the storm at the left and cover about 150 degrees in longitude. Also a source of radio noise from lightning, the intense storm may be related to seasonal changes as Saturn experiences northern hemisphere spring.

(画像はリンク先を参照)