どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

7 月 8 日の金曜日,スペースシャトル・アトランティス号 (Atlantis) は地球を飛び立ち,ミッション STS-135 を遂行するため国際宇宙ステーション (International Space Station) へと出発した.この打ち上げは,世界初となる再利用可能な宇宙船が打ち上げられた 1981 年 4 月 12 日以来 30 年間に渡る NASA のスペースシャトル計画最後の重要な打上げとなる.反射された姿が美しい 7 月 7 日に撮影された打ち上げ前の画像では,アトランティス号がケネディ・スペースセンター (Kennedy Space Center) の打ち上げパッド 39A の見慣れた場所に佇んでいる.ちょうど夕方の早い時間帯に射出パッドの回転式整備塔 (Rotating Service Structure) から出てきたところである.これまでアトランティス号はハッブル宇宙望遠鏡 (Hubble Space Telescope) の改修作業やマジェラン衛星 (Magellan) や ガリレオ衛星 (Galileo) ,コンプトン・ガンマ線天文台 (Compton Gamma-ray Observatory) の配備,そしてロシアの宇宙ステーション・ミール (Mir) への 7 回の訪問といった歴史的な航行を行ってきた.日曜日には国際宇宙ステーション再びドッキングされる予定である.アトランティス号は自身 33 度目の,そして最後となる地球軌道への航行を開始した.

  • Space shuttle orbiter Atlantis left planet Earth on Friday, July 8, embarking on the STS-135 mission to the International Space Station. The momentous launch was the final one in NASA's 30 year space shuttle program that began with the launch of the first reusable spacecraft on April 12, 1981. In this reflective prelaunch image from July 7, Atlantis stands in a familiar spot on the Kennedy Space Center's pad 39A, after an early evening roll back of the pad's Rotating Service Structure. The historic orbital voyages of Atlantis have included a Hubble Space Telescope servicing mission, deployment of Magellan, Galileo, and the Compton Gamma-ray Observatory, and seven trips to the Russian space station Mir. Scheduled to dock once again with the International Space Station on Sunday, Atlantis has now made its 33rd and final trip to orbit.

(画像はリンク先を参照)