どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

天の川銀河 (Milky Way Galaxy) において明るく輝く星たちの殆どはディスク面に存在している.太陽もやはりディスク面に存在している.私たちは夜空をぼんやりと取り巻く光の帯としてこれらの星たちを見ることができる.このパノラマ画像は天の川ディスクが作る北天の帯を写したものであり,角度にして 90 度の領域をカヴァーしている.これは別々に撮影された何枚もの画像を,デジタル処理によって合成したモザイク画像である.画面を右側にスクロールすることで,素晴らしい画像の残りの部分を見ることができる.たくさんの明るい星たちや,暗いダストレーン (dust lane) ,赤い発光星雲 (emission nebula) ,青い散光星雲 (reflection nebula) ,そして数多くの星団 (clusters of stars) といった天体たちを見ることができる.これら私たちの目に映るすべてものに加えて,私たちには視ることができないダークマター (dark matter) がはるかに多く存在していると天文学者たちは考えている.

  • Most bright stars in our Milky Way Galaxy reside in a disk. Since our Sun also resides in this disk, these stars appear to us as a diffuse band that circles the sky. The above panorama of a northern band of the Milky Way's disk covers 90 degrees and is a digitally created mosaic of several independent exposures. Scrolling right will display the rest of this spectacular picture. Visible are many bright stars, dark dust lanes, red emission nebulae, blue reflection nebulae, and clusters of stars. In addition to all this matter that we can see, astronomers suspect there exists even more dark matter that we cannot see.

(画像はリンク先を参照)