どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

誰もが夜空に見ることができる天体の中でも極めて巨大なものこの画像に映されている.ぼやけた光の集まりそれぞれが銀河を表しており,それらが集まることによってペルセウス座銀河団 (Perseus Cluster) を形成している.ペルセウス座銀河団は数ある銀河団の中でも特に近くに存在している銀河団である.天の川銀河 (Milky Way Galaxy) に存在する暗い星たちを前景にして映しだされており,集団の中心付近およそ 2 億 5000 万光年彼方には,銀河団の主要な構成要素である NGC 1275 が存在している.上記画像では NGC 1275 は左側に映る大きな銀河として見つけることができる. NGC 1275 は極めて強力な X 線源および電波源であり,ガスや銀河が落ち込んでいくに従って物質を降着 (accretes) させている. Abell 426 としても知られるペルセウス座銀河団は 1,000 個を超える銀河を内包し 15 度もの領域にまたがるペルセウス座・うお座超銀河団 (Pisces-Perseus supercluster) の一員をなしている. NGC 1275 までの距離に換算するとこの画像はおよそ 1,500 万光年の領域をカヴァーしている.

  • Here is one of the largest objects that anyone will ever see on the sky. Each of these fuzzy blobs is a galaxy, together making up the Perseus Cluster, one of the closest clusters of galaxies. The cluster is seen through a foreground of faint stars in our own Milky Way Galaxy. Near the cluster center, roughly 250 million light-years away, is the cluster's dominant galaxy NGC 1275, seen above as a large galaxy on the image left. A prodigious source of x-rays and radio emission, NGC 1275 accretes matter as gas and galaxies fall into it. The Perseus Cluster of Galaxies, also cataloged as Abell 426, is part of the Pisces-Perseus supercluster spanning over 15 degrees and containing over 1,000 galaxies. At the distance of NGC 1275, this view covers about 15 million light-years.

(画像はリンク先を参照)