どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

アメリカのスペースシャトル (Space Shuttle) が国際宇宙ステーション (International Space Station; ISS) へと接近していく姿もこれで見納めである.先週, 100 万人とも推定される人々に見守られてケープ・カナベラル (Cape Canaveral) からの劇的な打ち上げを成功させたスペースシャトルアトランティス号 (Atlantis) は,ミッション STS-135 において少数精鋭部隊を宇宙へと運び, 3 日前に地球を周回する宇宙ステーションに歓迎された. NASA は長年使用してきたスペースシャトル全ての使用を終わらせるつもりであるが,今後しばらくはロシアの宇宙船を利用することで NASA の宇宙飛行士も ISS を訪れることができる.上記の画像アトランティス号が貨物室のドアを開けたまま ISS 目掛けて上昇してくる様子を撮影したものである.キラリと金属の輝きを見せているのは多目的補給モジュール (Multi-Purpose Logistics Module) ラファエロ (Raffaello) である. 200 キロメートル下方には涼し気な青色をした地球の海が広がっている.スペースシャトルが地球へと帰還する最後の滑空は次の木曜日, 7 月 21 日に予定されており,多くの人々が心待ちにしていることだろう.

  • For the last time, the US Space Shuttle has approached the International Space Station (ISS). Following a dramatic launch from Cape Canaveral last week that was witnessed by an estimated one million people, Space Shuttle Atlantis on STS-135 lifted a small crew to a welcome rendezvous three days ago with the orbiting station. Although NASA is discontinuing the aging shuttle fleet, NASA astronauts in the near future will be able to visit the ISS on Russian space flights. Pictured above, Atlantis rises toward the ISS with its cargo bay doors open, showing a gleaming metallic Raffaello Multi-Purpose Logistics Module. Over 200 kilometers below lie the cool blue waters of planet Earth. The much-anticipated last glide back to Earth for the Space Shuttle is currently scheduled for next Thursday, July 21.

(画像はリンク先を参照)