読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

海王星 (Neptune) はおよそ 16 時間で自転軸の周りを一周する.そのため,太陽系最遠のガス巨大惑星をおよそ 4 時間の間隔を空けて撮影したこの 4 枚の写真には,海王星の一日が捉えられている. 6 月の下旬にハッブル宇宙望遠鏡 (Hubble Space Telescope) によって撮影されたこの写真は可視光線と近赤外線を通すフィルタで撮影された写真を合成して作られており,通常であれば青い色に見えるメタンや氷の結晶からできた高層の雲を捉えることができるようになっている.海王星の自転軸はその軌道面に対して 29 度傾いている.ちなみに地球の場合は 23.5 度である.その結果として,海王星地球と同じような季節的変化を経験することになる.海王星南半球は初夏を,北半球は冬を迎えたこの時期,ハッブル望遠鏡は雲の活動領域が北半球に移動しつつあることを明らかにした.フランスの数学者ユルバン・ルベリエ (Urbain Le Verrier) とイギリスの数学者ジョン・カウチ・アダムス (John Couch Adams) によってその軌道が予言され,その惑星はドイツの天文学者ヨハン・ガレ (Johann Galle) によって直ちに発見されのが 1846 年の 9 月 23 日であった.実際その時から海王星の季節はちょうど一巡している.軌道周期はおよそ 165 年間であり,今週の 7 月 12 日には海王星は発見以来太陽の周りをちょうど一周する.

  • Neptune rotates once on its axis in about 16 hours. So, spaced about 4 hours apart these 4 images of the solar system's most distant gas giant cover one Neptune day. Recorded by the Hubble Space Telescope in late June they combine exposures made with visible and near-infrared filters to show high-altitude clouds composed of methane ice crystals against the planet's normally blue cloud tops. Because Neptune's axis of rotation is tilted to its orbital plane by 29 degrees, compared to Earth's 23.5 degrees, Neptune experiences seasons analogous to Earth's. As early summer comes to Neptune's southern hemisphere and winter to the north, Hubble observations have shown cloud activity shifting to the northern hemisphere. In fact the progression of Neptune's seasons has come around once since its position was predicted by French mathematician Urbain Le Verrier and British mathematician John Couch Adams, and the planet was subsequently discovered by German astronomer Johann Galle on September 23, 1846. With an orbital period of approximately 165 years, this week on July 12, Neptune has been once around the Sun since its discovery date.

(画像はリンク先を参照)