読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

NGC 3314 は実際にはほぼ直列に並んだ 2 つの巨大な渦巻銀河から成っている.前景に見える渦巻銀河はほぼフェイス・オン (face-on) であり,若くて明るい星団たちからが特徴的なかざぐるま状の形をしている.しかし,後ろにある銀河を背景として星間ダストからなる暗いレーンが渦を巻いており,これによってこのフェイス・オン渦巻銀河の構造を支配しているように見える.ダストレーン (dust lane) は想像を超えて至る所に存在している.視線方向に重なったこの大変面白い銀河のペアは,銀河自身の星以外からやってくる光の減光を利用することでダストの空間分布を調べることができる数少ない天体の 1 つである. NGC 3314 はいくつもの頭を持つうみへび座 (Hydra) の方角,およそ 1 億 4000 万光年(背景の銀河)と 1 億 1700 万光年(手前の銀河)の距離に存在している.背景となっている銀河は推定される距離に換算するとおよそ 7 万光年に渡って広がっている.視線方向に重なった銀河を捉えたこの素晴らしい画像を作成するために,ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影された 2 色の画像から 3 つめの色チャンネルが作成されて合成に使用されている.

  • NGC 3314 is actually two large spiral galaxies which just happen to almost exactly line up. The foreground spiral is viewed nearly face-on, its pinwheel shape defined by young bright star clusters. But against the glow of the background galaxy, dark swirling lanes of interstellar dust appear to dominate the face-on spiral's structure. The dust lanes are surprisingly pervasive, and this remarkable pair of overlapping galaxies is one of a small number of systems in which absorption of light from beyond a galaxy's own stars can be used to directly explore its distribution of dust. NGC 3314 is about 140 million light-years (background galaxy) and 117 million light-years (foreground galaxy) away in the multi-headed constellation Hydra. The background galaxy would span nearly 70,000 light-years at its estimated distance. A synthetic third channel was created to construct this dramatic new composite of the overlapping galaxies from two color image data in the Hubble Legacy Archive.

(画像はリンク先を参照)