読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

こんな写真をたった 1 回シャッターを押すだけで撮影する世界で最初の人間になりたくはないだろうか.オーストリアのビエナ (Vienna) で撮影された上記の写真は,空に現れた 360 度の星の軌跡を撮影するという意味ではデジタル処理を挟んだ偽物である.ビエナで見ることができる星の軌跡は決して 360 度の円を描かない.なぜなら撮影中に太陽が昇ってしまい,昼の写真になってしまうからだ.どんな長さであれ星の軌跡は,地球の自転によって空が私たちの周りを回ってように見えることで生じている.この空の動きは日周運動 (diurnal motion) と呼ばれている.長時間露光することによって星が同心円状の美しいアークを描くのはそのためである.デジタル加工で引き伸ばされたこの写真の中央付近には天の北極 (North Celestial Pole; NCP) を見ることができる.空の中で星が描く全てのアークの中心点としてたやすく見つけることができる.一般的に北極星 (North Star) として知られているポラリス (Polaris) は NCP の付近でとても小さく明るい円を描いている.ウォルター・ルーウィン (Walter Lewin) は APOD に対して天文写真家たちに課題を提出しないかと持ちかけてきた.それは澄んだ夜空にかかる 360 度の星の軌跡をたった 1 回シャッターを押すだけで撮影するというものである.もちろん,そんな画像が撮影できるとしたら私たちの住む星においては極付近しかありえないだろう.そのような場所でのみ 24 時間以上続く夜が存在している.

  • You could be the first person ever to take a real single-exposure image like this. The above image from Vienna, Austria is not real in the sense that the 360 degree star trails in the sky appear only because of a digital trick. Real star trails observed above Vienna could never go 360 degrees around because the Sun would rise at some time during the exposure and dominate the frame. Star trails of any length occur because as the Earth spins on its axis, the sky seems to rotate around us. This motion, called diurnal motion, produces the beautiful concentric arcs traced by stars during long time exposures. Towards the middle of the above digitally stretched picture is the North Celestial Pole (NCP), easily identified as the point in the sky at the center of all the star trail arcs. The star Polaris, commonly known as the North Star, made the very short bright circle near the NCP. Walter Lewin, though, has asked APOD to pose this as a challenge to astrophotographers: create a real single-exposure image of a clear night sky that features 360 degree star trails. Of course, such an image would only be possible near the poles of our fair planet, because only there could a nighttime run for more than 24 hours.

(画像はリンク先を参照)