どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

小惑星ベスタ (Vesta) の表面はどんなふうに見えるだろうか?太陽系天体の中でも最も明るく,小惑星帯の質量全体の 10 パーセントを占めるこの天体がここまで拡大された画像はこれまで存在しなかった.だが,この数週間のうちに宇宙探査機ドーン (Dawn) がベスタへと接近した史上初めての宇宙探査機となった.先日,周回軌道に入った直後,ドーンは上記の画像を撮影した.初期に撮影された画像によってベスタ表面は古くボロボロとした世界であり,クレータや隆起,溝,断崖といった構造に覆われていることが明らかになった.この奇妙な構造をしたベスタは現存する原始惑星の中でも巨大なものであり,ベスタを研究することによって,私たちの太陽系が昔どのように作られてきたのかを解き明かす手がかりが得られるかもしれない.ベスタを 1 年間観測した後,ドーンは周回軌道を離脱し, 2015 年にはベスタよりも大きな唯一の小惑星セレスへと向かう予定である.
ーWhat does the surface of asteroid Vesta look like? The brightest asteroid in the Solar System and the object which takes up about 10 percent of the entire mass of the main asteroid belt had never been seen up close before. Over the past few weeks, however, the robotic Dawn spacecraft became the first spacecraft ever to approach Vesta. A few days ago, just after attaining orbit, Dawn took the above image. Early images show Vesta to be an old and battered world, covered with craters, bulges, grooves, and cliffs. Studying Vesta may give clues to the formative years of our early Solar System, as the unusual world may be one of the largest remaining protoplanets. After a year of studying Vesta, Dawn is scheduled to leave orbit and, in 2015, approach the only asteroid-belt object that is larger: Ceres.

(画像はリンク先を参照)