読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

時に,大地は夜のようなのに空は昼間であるかのような現象が起こる.地球が自転することによって太陽は覆い隠されるため,日の入りは大地からやってくる.それゆえ上記の写真のように,大地は日の入り後なのに,日の光によって雲は輝き続けるのである.通常の環境であれば,小さな日の入りの様子が確認できるのであるが,特別な夜光雲 (noctilucent clouds) が高いところに浮かんでいると,十分暗くなったあとでも明るく見えるのである.夜行雲は知られている雲の中でも最も高いところに存在しており,極中間圏雲 (polar mesospheric clouds) の一種であると考えられている.この写真は今月のはじめに撮影されたもので,カナダ,アルバータ州 (Alberta) にあるエドモントン (Edmonton) の夕暮れの空に夜行雲の網が不気味な白い輝きを投げかけている.夜行雲について知られていることの多くはこの数年間でようやく明らかになってきたばかりである.彼らがどのようにして発生しどう変化していくのかについては活発な研究が進められている.

  • Sometimes it's night on the ground but day in the air. As the Earth rotates to eclipse the Sun, sunset rises up from the ground. Therefore, at sunset on the ground, sunlight still shines on clouds above. Under usual circumstances, a pretty sunset might be visible, but unusual noctilucent clouds float so high up they can be seen well after dark. Normally too dim to be seen, they may become visible at sunset during late summer when illuminated by sunlight from below. Noctilucent clouds are the highest clouds known and thought to be part of polar mesospheric clouds. Pictured above earlier this month, a network of noctilucent clouds cast an eerie white glow after dusk, above the the city of Edmonton, in Alberta, Canada. Much about noctilucent clouds has been discovered only over the past few years, while how they form and evolve remains a topic of active research.

(画像はリンク先を参照)