どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

パークス 64 メートル電波望遠鏡 (Parkes 64 meter radio telescope) はアポロ 11 (Apollo 11) 計画において月から地球の住人に向けてテレビ放映の映像を提供し,人類の宇宙飛行に貢献したということで有名である.この巨大で可変型シングルディッシュが日没直後の空の前に立ちはだかっている.上空にはオーストラリア,ニューサウスウェールズ州から見える星空にはほ座 (Vela) ,とも座 (Puppis) ,うみへび座 (Hydra) といった星座たちがもう 2 度と見ることがかなわない光景とともに並んでいる.太陽の光によって輝きながら,望遠鏡の焦点部分真下に右から左へ向かって筋を伸ばしているのはスペースシャトルアトランティス号 (Atlantis) である.国際宇宙ステーション (International Space Station) から最後となる出航をちょうど果たしたところである.宇宙ステーション自身は画像の右下部分でアークを描きながら追いかけている.地球低軌道上ではおよそ 2 分間の遅れに相当する.アトランティスは今日の早朝 ( 7 月 21 日,東部夏時間午前 5:57 ) NASAケネディ宇宙センター (Kennedy Space Center) へと最後の着陸を果たした

  • The Parkes 64 meter radio telescope is known for its contribution to human spaceflight, famously supplying television images from the Moon to denizens of planet Earth during Apollo 11. The enormous, steerable, single dish looms in the foreground of this early evening skyscape. Above it, the starry skies of New South Wales, Australia include familiar southerly constellations Vela, Puppis, and Hydra along with a sight that will never be seen again. Still glinting in sunlight and streaking right to left just below the radio telescope's focus cabin, the space shuttle orbiter Atlantis has just undocked with the International Space Station for the final time. The space station itself follows arcing from the lower right corner of the frame, about two minutes behind Atlantis in low Earth orbit. Atlantis made its final landing early this morning (July 21, 5:57am EDT) at NASA's Kennedy Space Center.

(画像はリンク先を参照)