読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

ニックス (Nix) とハイドラ (Hydra) は冥王星 (Pluto) の 2 番目と 3 番目の衛星としてすでに知られているものであったが, 2005 年の 5 月ハッブル宇宙望遠鏡 (Hubble Space Telescope) によって取得された画像によって初めて人類の目に映ることとなった.そして今度は,ハッブル宇宙望遠鏡の画像によって氷に覆われた矮惑星に 4 番目の衛星が発見されることとなった.暫定的に P4 と名付けられたこの衛星はおよそ 31 年をかけて冥王星の周りを周回している.現在知られている中でも最も小さく暗い衛星である P4 の大きさは 13 から 34 キロメートルであると推定されている.衛星の発見が初めて話題に登ったのは観測が行われた 6 月 28 日,そして 7 月の 3 日と 18 日の追観測によってその存在が確かめられた.この 2 枚のパネルはそれぞれ露出時間の異なる画像を合成したもので,明るく輝く冥王星と最も大きな衛星であるカロン (Charon) が写されている.露出時間の長いパネルにはカメラのノイズと画像の欠陥も現れている.ハッブル望遠鏡による観測は NASA によるニューホライズン計画 (New Horizons mission) の一環として,遥か彼方を取り巻くかすかな環状構造を探る過程で行われたものである.ニューホライズンは 2015 年に冥王星系とフライバイ (fly by) を行う予定である.

  • Nix and Hydra were first introduced to human eyes in Hubble Space Telescope images from May 2005, as Pluto's second and third known moons. Now Hubble images have revealed a fourth satellite for the icy, dwarf planet. Provisionally designated P4, it completes an orbit of Pluto in about 31 days. Presently Pluto's smallest and dimmest known moon, P4 is estimated to be 13 to 34 kilometers across. The newly discovered satellite was first spotted in Hubble observations from June 28, and later confirmed in a follow-up on July 3 and July 18. These two panels are composites of both the short and long exposures that include brighter Pluto itself along with Pluto's largest moon Charon. Camera noise and image artifacts also show up in the long exposure segments. The Hubble observations were made while searching for faint rings around the distant world in support of NASA's New Horizons mission, set to fly by the Pluto system in 2015.

(画像はリンク先を参照)