読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

壮大な銀河である NGC 2403 は長い首を持つきりん座 (Camelopardalis) の境界部分に佇んでいる.この渦巻銀河はおよそ 1000 万光年の距離に存在し,その大きさは 5 万光年ほどである.星形成を行っている HII 領域は巨大な水素原子ガスによって派手派手しい赤色に彩られており,その大きさは自身の大きさに比べて不相応なほど巨大であるように思える. NGC 2403 は星形成領域が占める領域という点において私たちの局所銀河群 (local galaxy group) に属する銀河,さんかく座銀河 (Triangulum Galaxy) として知られる M33 ととてもよく似ている.巨大で短命な星々を形成した直後にはもちろん超新星爆発 (supernova) が発生する. 2004 年には近年発見された超新星爆発の中でも特に明るいものが NGC 2403 に出現した.この画像では,私たちの天の川銀河 (Milky Way Galaxy) に属する星ではないかと間違えてしまいそうになるほど強烈なこの超新星爆発を左端にスパイダーを伴った明るい“星”として見ることができる.この衝撃的な天体写真は宇宙から,そして地上から取得した画像データを合成したものであり,それぞれハッブルレガシィ・アーカイブ (Habble Legacy Archive) とハワイ州 (Hawaii) ,マウナケア山 (Mauna Kea) の頂上に存在する口径 8.2 メートルのすばる望遠鏡から提供されたものである.

  • Magnificent island universe NGC 2403 stands within the boundaries of the long-necked constellation Camelopardalis. Some 10 million light-years distant and about 50,000 light-years across, the spiral galaxy also seems to have more than its fair share of giant star forming HII regions, marked by the telltale reddish glow of atomic hydrogen gas. In fact, NGC 2403 closely resembles another galaxy with an abundance of star forming regions that lies within our own local galaxy group, M33 the Triangulum Galaxy. Of course, supernova explosions follow close on the heels of the formation of massive, short-lived stars and in 2004 one of the brightest supernovae discovered in recent times was found in NGC 2403. Easy to confuse with a foreground star in our own Milky Way Galaxy, the powerful supernova is seen here as the spiky, bright "star" at the left edge of the field. This stunning cosmic portrait is a composite of space and ground-based image data from the Hubble Legacy Archive and the 8.2 meter Subaru Telescope at the summit of Mauna Kea, Hawaii.

(画像はリンク先を参照)