読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

ライト兄弟の記念すべき飛行が行われたのは 1903 年の 12 月 17 日のことであった.それからおよそ 100 年,太陽の力で飛ぶ飛行機の 1 つである NASAヘリオス (Helios) が空を飛ぶこととなった.この画像には 2001 年の 8 月,アメリカ合衆国ハワイ州 (Hawaii) のカウアイ島 (Kauai) 北西の空 3000 メートル上空において遠隔操作されたヘリオスが時速およそ 40 キロメートルで飛行する姿が写しだされている. 14 基のモータを備えた極めて軽い羽が特徴的なこの飛行機はエアロヴァイロメント社 (Aeroviroment Inc.) によって建造された.ソーラーパネル (solor cell) によって覆われたヘリオスの特徴的な羽は全幅 247 フィートにもおよび,ボーイング 747 の翼長どころか全長をも上回っている.この実験的な飛行機は陽が当たる間に上昇をおこない,最終的には高度 3 万メートルまであと少しというところまで到達し,ロケット以外に駆動された航空機の記録を塗り替えることとなった.ヘリオスは技術試験機として計画されたものではあるが,地表から 3 万メートル上空という極限まで大気の薄い状況においてヘリオスを飛ばすことは,火星大気中での飛行に向けたアプローチでもある.

  • An example of solar-powered flight, NASA's Helios aircraft flew almost one hundred years after the Wright brothers' historic flight on December 17, 1903. Pictured here at 3,000 meters in in skies northwest of Kauai, Hawaii, USA in August 2001, the remotely piloted Helios is traveling at about 40 kilometers per hour. Essentially an ultralight flying wing with 14 electric motors, the aircraft was built by AeroVironment Inc. Covered with solar cells, Helios' impressive 247 foot wide wing exceeded the wing span and even overall length of a Boeing 747 jet airliner. Climbing during daylight hours, the prototype aircraft ultimately reached an altitude just short of 30,000 meters, breaking records for non-rocket powered flight. Helios was intended as a technology demonstrator, but in the extremely thin air 30,000 meters above Earth's surface, the flight of Helios also approached conditions for winged flight in the atmosphere of Mars.

(画像はリンク先を参照)