どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

銀河 NGC 474 に一体何が起こったのだろう?輻射が何層にも渡って広がっており奇妙で複雑な構造を見せている.積分時間の短い画像では比較的特徴のない楕円銀河 (eliptical galaxy) に見えていただけあってこれは予想だにしなかったことである.このシェル構造が生まれた原因は今のところよくわかっていない.だがおそらく,これは潮汐力による尾 (tidal tails) が伸びているもので,この数 10 億年の間に小さな銀河をいくつも吸収したことで遺された銀河の残骸に関連していると考えられている.あるいは,シャル構造は池の中に作られた波紋のようなものなのかもしれない. NGC 474 は真上に存在する銀河と衝突を繰り広げている真っ最中であり,それによって生まれた密度波が大きい方の銀河の中でさざ波を立てているというわけである.原因はどうあれ,少なくともそう遠くない過去に形成された楕円銀河が存在しているということ,また巨大銀河のハロー構造は全く単純ではなく,近傍に存在する小さな銀河との相互作用 ― あるいは合体 ― が頻繁に生じることによって複雑な構造を持ちうるということについて,多くの研究者が同意しつつあるということをこの画像は端的に示している.私たちの天の川銀河 (Milky Way Galaxy) のハローも複雑な構造を持っているものの 1 つである. NGC 474 はおよそ 25 万光年の大きさを持っており,うお座 (Pisces) の方角に向けて 1 億光年程の距離に存在している.

  • What's happening to galaxy NGC 474? The multiple layers of emission appear strangely complex and unexpected given the relatively featureless appearance of the elliptical galaxy in less deep images. The cause of the shells is currently unknown, but possibly tidal tails related to debris left over from absorbing numerous small galaxies in the past billion years. Alternatively the shells may be like ripples in a pond, where the ongoing collision with the spiral galaxy just above NGC 474 is causing density waves to ripple though the galactic giant. Regardless of the actual cause, the above image dramatically highlights the increasing consensus that at least some elliptical galaxies have formed in the recent past, and that the outer halos of most large galaxies are not really smooth but have complexities induced by frequent interactions with -- and accretions of -- smaller nearby galaxies. The halo of our own Milky Way Galaxy is one example of such unexpected complexity. NGC 474 spans about 250,000 light years and lies about 100 million light years distant toward the constellation of the Fish (Pisces).

(画像はリンク先を参照)