どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

また 1 つ巨大な雪玉が太陽に向かって飛び込んできた.ガラード彗星 (Comet Garradd) は 2 年前にオーストラリアに住むゴードン・ガラード (Gordon Garradd) によって発見された.現在では可視光で 9 等級であり小口径の望遠鏡を使えば見ることができる.公式には C/2009 P1 (Garradd) として登録されており,再び明るさを増す可能性が高いと考えられている.最近の予測では,ガラード彗星は 2012 年の 2 月にはピーク時に 6 から 7 等級にまで達する見込みである.これは肉眼ではぎりぎり見えない程度の明るさに相当する.ガラード彗星にはすでに短い尾が見え始めており,今月のはじめにアメリカ合衆国オハイオ州 (Ohio) イエロースプリングス (Yellow Springs) から撮影されたこの画像ではぼやけて少し伸びた斑点として確認することができる.現在,他の彗星もいくつか太陽系の内側にめがけて落ち込み,同じように輝きだしている.その中には 9 月はじめに最大 6 等級を達成するエレーニン彗星 (C/2010 X01, Elenin) , 8 月の中旬に 8 等級以上に達する本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星 (45P/Honda-Mrkos-Pajdusakova) ,2013 年の初旬には肉眼で確認できるようになるパンスターズ彗星 (C/2011 L4, PANSTARRS) といった彗星たちが含まれている.

  • Another large snowball is falling toward the Sun. Comet Garradd was discovered two years ago by Gordon Garradd in Australia, and is currently visible through a small telescope at visual magnitude nine. Officially designated C/2009 P1 (Garradd), the comet will likely continue to brighten, with recent projections placing it at peak magnitude six or seven in February 2012, just below naked eye visibility. Comet Garradd is already showing a short tail and is seen as the elongated fuzzy patch in the above negative image recorded earlier this month from Yellow Springs, Ohio, USA. Other comets are also currently falling into the inner Solar System and brightening as well, including C/2010 X1 (Elenin), expected to peak near magnitude six in early September, 45P/Honda-Mrkos-Pajdusakova expected to peak brighten past magnitude eight in mid-August, and C/2011 L4 (PANSTARRS) which may become visible to the unaided eye during the early months of 2013.

(画像はリンク先を参照)