読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

NGC 6188 の輝く水素原子ガスの塊の中には素晴らしい造形が隠れている.この発光星雲は巨大な分子雲の縁付近に存在しており,可視光線では見ることができない.祭壇座 (Ara) の方角に向けておよそ 4,000 光年の距離に存在している.祭壇座 OB1 アソシエーション (association) に存在する若い大質量星たちはこの領域でほんの数 100 年前に形成されたばかりであり,星風と強力な紫外線によって暗い影を彫刻し星雲を輝かせている.最近の星形成活動は,おそらく 1 世代前に形成された大質量星による星風と超新星爆発が分子ガスを掃き集め,圧縮することによって誘発されたものであると考えられている. NGC 6188 が描くこのキャンバスには珍しい発光星雲である NGC 6164 も存在している.これもまたこの領域に存在している大質量 O 型星 (O-type stars) によって作られたものである.見た目では惑星状星雲に大変良く似ており,画像右上部分に極めて対称なガス殻とかすかなハローが中心の明るい中心性を取り囲んでいる.この視野はおよそ満月 2 つ分に相当しており,推定される NGC 6188 までの距離に換算すると 70 光年の大きさに相当する.

  • Fantastic shapes lurk in clouds of glowing hydrogen gas in NGC 6188. The emission nebula is found near the edge of a large molecular cloud, unseen at visible wavelengths, in the southern constellation Ara, about 4,000 light-years away. Massive, young stars of the embedded Ara OB1 association were formed in that region only a few million years ago, sculpting the dark shapes and powering the nebular glow with stellar winds and intense ultraviolet radiation. The recent star formation itself was likely triggered by winds and supernova explosions, from previous generations of massive stars, that swept up and compressed the molecular gas. Joining NGC 6188 on this cosmic canvas is rare emission nebula NGC 6164, also created by one of the region's massive O-type stars. Similar in appearance to many planetary nebulae, NGC 6164's striking, symmetric gaseous shroud and faint halo surround its bright central star at the upper right. The field of view spans about two full Moons, corresponding to 70 light years at the estimated distance of NGC 6188.

(画像はリンク先を参照)