どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

この鮮明な画像は NASA の火星周回探査機オデッセイ (Odeyssey) に搭載された熱放射撮像システムカメラ (Thermal Emission Imaging System) によって撮影されたものであり,その中心には火星の赤道付近に存在し 154 キロメートルの直径を持つガーレ・クレータ (Gale crater) が写されている.ガーレ・クレータの内部には大変印象的な層状構造をした山がクレータ底面から 5 キロメートルほどの高さまで盛り上がっている.ふもと付近に見られる層状の部分と付随する構造は,はるか昔に水によって運ばれてきた堆積物によって形成されていると考えられている.実際,山の麓に当たるクレータの北部付近は火星科学研究探査機 (Mars Science Laboratory) 計画の候補地として選ばれている.この計画では地球から火星に向けて 2012 年の 8 月に新たな探査機を着陸させる予定で,打ち上げは今年の終わりに予定されている.車ほどの大きさを持つ探査機キュリオシティ (Curiosity) をロケットでホバリング機能をもたせたスカイクレーン (skycrane) で火星表面に着陸させる.キュリオシティにはかつてガーレ・クレータに微生物を育むに適した環境が存在していたのか,またこの赤い惑星にかつて存在していた生命の痕跡が残りうるのかを明らかにするための観測装置が搭載されている.

  • This sharp view from the Thermal Emission Imaging System camera on NASA's Mars Odyssey orbiter is centered on 154 kilometer (96 mile) wide Gale crater, near the martian equator. Within Gale, an impressive layered mountain rises about 5 kilometers (3 miles) above the crater floor. Layers and structures near its base are thought to have been formed in ancient times by water-carried sediments. In fact, a spot near the crater's northern side at the foot of the mountain has now been chosen as the target for the Mars Science Laboratory mission. Scheduled for launch late this year, the mission will land Mars' next visitor from planet Earth in August of 2012, lowering the car-sized Curiosity rover to the martian surface with a hovering, rocket-powered skycrane. Curiosity's science instruments are intended to discover if Gale once had favorable environmental conditions for supporting microbial life and for preserving clues about whether life ever existed on the Red Planet.

(画像はリンク先を参照)